グルコサミンとは?

グルコサミンとは?

グルコサミンとは?
コンドロイチンと混合されやすい成分ですが、グルコサミンは単体でも重要な成分のひとつです。
グルコサミンももともと体内に存在し、生成されています。しかし、コンドロイチンと同じく加齢とともにグルコサミンの生成量が減っていき、腰痛の起因になってしまいます。
グルコサミンが減ってしまうと軟骨がすり減って痛みが出てしまうので、反対に補うことにより、痛みを緩和していくことができます。

 

加齢によって減ることから、積極的に補うことをおすすめします。
グルコサミンが十分に備わることで健康的な軟骨が作られ、関節はスムーズに動き、つらい痛みも改善されるようになります。
ただ、たった数日、グルコサミンを補っただけでは意味がありません。習慣にし、毎日適量を補っていくことがベストです。

 

医薬品の場合は服用量が定められていますから、それを守り正しく服用しましょう。
グルコサミンは基本的には副作用などの心配もありませんから、過剰摂取に気をつけつつ、摂取していくようにしましょう。