コンドロイチンとは?

コンドロイチンとは?

コンドロイチンとは?

腰痛をはじめ、関節痛などの痛みに有効な成分といえば、「コンドロイチン」が有名です。
コンドロイチンは、もともと体の中に存在する物質です。

 

軟骨成分とも言われているように、軟骨に必要不可欠な成分です。
体内でコンドロイチンは生成されますが、その合成量は歳を重ねると減っていきます。そしてコンドロイチンが減ると、軟骨の保水力や柔軟性が失われて、骨同士(椎間板)のクッションの役割が失われます。すると、骨と骨がすれて、痛みが出てしまうのです。
ですから、コンドロイチンは痛みを防ぐために欠かせない成分と言えます。

 

加齢を食い止めることができないので、コンドロイチンを補っていきましょう。
コンドロイチンは、おくらや納豆といったネバネバ食品に含まれていますが、その含有量はあまり多くありません。
効率よく補うためには、サプリメントや医薬品などを使った方が効果的です。
腰痛に素早く効く医薬品でも一般的にコンドロイチンが使われています。

 

ちなみに副作用のリスクはありません。体にもともと存在する成分であることから分かるように体に不調をきたすような心配はない成分です。