デスクワークで気を付けること

デスクワークで気を付けること

デスクワークで気を付けること

腰痛の原因はいくつかありますが、デスクワークの仕事で腰痛持ちの方は多いです。休日はマッサージや整体に通っている方もいらっしゃるでしょう。

 

仕事ですから気軽に持ち場を離れることはできません。何時間も、ずっと椅子に座りっぱなし状態になります。
長時間椅子に座っていると、どうしても血流が滞ってしまいます。
このとき、同時に筋肉が硬直してしまい、腰痛を引き起こすメカニズムになっています。

 

早めにデスクワークのときの座り方に気を付けるようにすることで、腰痛を防ぐことができます。また、悪化を予防することにもつながるので、すでに腰痛があったとしても、正しい姿勢を維持するように気を付けてください。

 

たとえば、椅子に浅く座り前かがみになるような猫背状態は、悪姿勢です。そのままでは腰に大きな負担をかけて、痛みが増してしまいます。

 

正しい姿勢というのは、椅子に深く腰掛けて顎をひき、背筋を伸ばした体勢です。
このように正しい姿勢を維持することで、長時間座っていても腰への負担を軽減することができます。
また、ときどきストレッチをするなど、血流が滞らないように身体を動かすこと痛みを緩和できます。

 

デスクワークに限らず、自宅や車などで座るときにも、姿勢には気を付けてましょう。