坐骨神経痛による腰痛

坐骨神経痛による腰痛

坐骨神経痛による腰痛

腰痛は日ごろの生活習慣や、生理痛、デスクワーク、加齢などで起こるトラブルのひとつですが、疾患からくる腰痛もあります。
考えられることが、坐骨神経痛です。
三大神経痛のひとつのことで、腰に痛みが出る神経痛です。
もし、坐骨神経痛でしたら、通常の腰痛とはまた異なる処置が必要になってきます。

 

また、症状にも特徴があります。
坐骨神経痛の場合は、腰だけでなく、お尻あたりにも痛みがあらわれます。
これが神経痛の特徴です。痛みの症状の出方にも違いがあります。
発作的に痛みがあらわれ、数秒から2分ほどで治まります。痛みに伴い、しびれなどの症状が出るケースも珍しくありません。

 

神経痛は単純な腰痛とは異なり、治りにくい病気です。原因を知り向き合うことが大切です。
神経が刺激や圧迫によって痛みが出るメカニズムになっています。神経痛は温めたり血行を良くすることによって、痛みを緩和していくことができます。また、神経痛に対応している医薬品を利用すると効果的に痛みを抑えられます。

 

腰痛の緩和と同様に、座るときの姿勢や運動法でも、痛みを和らげることができます。
厳密には神経痛と腰痛は違う症状ですが、どちらも共通する部分もあるので、有効な手段で緩和していきましょう。