妊娠中に起こる腰痛とは?

妊娠中に起こる腰痛とは?

妊娠中に起こる腰痛とは?

デスクワークの人や体を動かす仕事をしている人、ハードな運動を行っている人は腰痛になりやすいと言われることがありますが、女性ならではの腰痛もあります。

 

女性の場合、妊娠を期に腰痛を起こすことがあります。
妊娠初期から後期にかけて、つらい腰の痛みを訴える妊婦さんが多いです。
この腰痛にはホルモンバランスが関連しています。

 

妊娠するとホルモンバランスが変化します。すると、普段より筋肉がゆるむことがあり、さらにお腹が大きくなるにつれて腰に負担がかかります。
こういった要素から、妊婦さんに腰痛が起こります。

 

また、妊娠中に限らず産後も腰痛に悩まされる女性は少なくありません。
出産すると骨盤がずれてしまい正常な位置に戻せなくなるため、腰に負担がかかりやすい状態になります。その結果、腰痛が起こります。
それから、赤ちゃんを抱っこすることでも腰に負担がかかり、腰痛を起こしやすくなります。

 

このような事態にも、対処する方法はあります。
妊娠中・産後はデリケートで基本的に薬の服用は良くないとされていますので、緩和する工夫をしてみましょう。
適度な運動が効果的ですが、妊娠初期でつわりがひどいときなどはムリに体を動かす必要はありません。
ゆっくりと入浴し血流を良くしたり、マッサージケア、マタニティヨガなどで身体を調整していきましょう。