椎間板ヘルニアによる腰痛

椎間板ヘルニアによる腰痛

椎間板ヘルニアによる腰痛

腰痛の原因として、「椎間板ヘルニア」の可能性があります。
もし原因が分からないときにはまず検査を受けてください。疾患の場合には適切な治療法が必要になります。
椎間板は骨同士の間にある軟骨で、クッションの役割があります。その椎間板が飛び出し神経を圧迫している状態が椎間板ヘルニアと言います。

 

椎間板ヘルニアを引き起こす原因としては、老化または何らかの負担をかける行動です。
たとえば、重い荷物を運ぶ習慣があったり、長時間座りっぱなしになるなどの行動が椎間板ヘルニアを招きます。また、姿勢が悪く骨盤がずれていることも起因になります。

 

椎間板ヘルニアの症状は主に痛みです。軽度ではなく、激痛が走ることが特徴です。その他に、しびれなどの症状も出ます。
悪化すると歩行困難といった深刻な症状が出ることがあります。

 

このような場合、医師の指導に従って治療をっすめましょう。
椎間板ヘルニアからくる腰痛を緩和するためには、温熱療法やコルセットによる保存法などが一般的です。
また、消炎鎮痛剤で痛みを緩和することもあります。
椎間板ヘルニアは2〜3ヶ月で改善されると言いますが、それでも症状が治る見込みがないときには手術両方をとることがあります。