生理痛による腰痛

生理痛による腰痛

生理痛による腰痛

腰痛の原因はいろいろとあります。
デスクワークや長時間同じ姿勢でいること、加齢などが主な原因ですが、女性の場合は女性特有の腰痛の症状もあります。
妊娠を期に腰痛に悩む女性も多いですが、生理痛によって腰痛が起こる方も少なくありません。
生理痛の症状や重さは個人差がありますが、腹痛にならび腰痛は主な症状です。

 

生理前、生理中どちらにいても腰痛が起こります。
まず、生理前の場合は女性ホルモンが主な要因です。
生理や排卵日が関わっていて、ホルモンバランスが変かします。
生理前の腰痛に関しては、PMS(月経前症候群)の症状にあたります。
血行を促進するマッサージや入浴などによって、腰痛は緩和されていきます。

 

生理中の腰痛ですが、女性ホルモンの変化だけでなく、骨盤が関連しています。
骨盤がゆがむんだり、骨盤内に血液が溜まりやすくなります。すると、子宮に重みが出て腰に痛みがあらわれるとされています。

 

どちらにしても、一時的な症状に過ぎません。生理が終わると、自然と痛みもひいていきます。
ただ、腰痛がひどいときは仕事にならないなど、日常生活に影響してしまうことがありますよね。そんなときは、マッサージやストレッチなどでケアしましょう。