肥満と腰痛の関係とは?

肥満と腰痛の関係とは?

肥満と腰痛の関係とは?

標準体型の人に比べて、肥満型の人が腰痛になりやすいと言われています。
最近よく聞く「メタボリックシンドローム」も含め、肥満と診断された方はとくに注意が必要です。

 

私たちの体は骨や筋肉が体重を支えていますが、体重が重くなるほど、骨や筋肉には負担がかかります。
太り過ぎてしまうと、腰に余計な負担をかけてしまうことが起因になります。
たとえば、座ったり立ったりというなんでもない動作では、体重の2.5倍ほどの負担が腰にかかります。
ですから、肥満になると、標準体型の人よりも負担が大きくなるため、腰痛を起こしやすくなります。また、腰痛持ちの場合には腰に大きな負担をかけ悪化してしまいます。

 

肥満を自覚されている方はまず、腰痛そのものを改善するよりも肥満を改善することを意識しましょう。
まずは生活習慣を見直してください。

 

体重を落とすためには運動が効果的ですが急激に身体を動かすと、かえって負担がかかるため、食事を見直したり、軽いストレッチから始めてください。
また、腰痛に効く医薬品の中には、肥満症に効くものもあるので、どちらにも有効な成分を摂るようにするとよいでしょう。