車を運転するときに気を付けること

車を運転するときに気を付けること

車を運転するときに気を付けること

腰痛が気になる方で、日ごろからよく車を運転している場合には、運転にも気を付けたいことがあります。
すでに、運転中に腰痛がひどくなる症状を感じている方もいらっしゃると思います。
もっとも、腰痛は同じ姿勢を長時間していると痛みが悪化してしまうので、運転中も同様のことが起きます。

 

座席に座るときの姿勢を工夫するだけでも腰痛を緩和することができます。反対に悪姿勢で座っていると血流が悪くなり、痛みが増してしまいます。
ですから、正しい座り方を心掛けましょう。

 

腰痛を和らげるための運転の姿勢にはポイントがあります。

  • 深く座らない
  • 背もたれを倒し過ぎない

これら2つのポイントにとくに気を付けてください。
ただし、座席に浅めに腰かけても腰痛を悪化させることがあるため、座席に正しい姿勢で座り、背すじはまっすぐ伸ばすように心がけてください。

 

正しい姿勢を身に着けることにより、車の運転中の腰痛を防ぐことができます。
場合によっては長時間運転することもあると思いますが、そんなときこそ姿勢には気を付けましょう。